MENU

セミリタイアを目指したポートフォリオ(2020年3月)

2020年3月末時点のポートフォリオをまとめましたのでシェアいたします。

 

 

 

 

保有銘柄一覧

日本株

【1478】 iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF
【4188】 三菱ケミカルホールディングス
【4765】 モーニングスター
【7148】 FPG
【8306】 三菱UFJ銀行
【2124】 JACリクルートメント
【5108】 ブリヂストン
【6301】 コマツ
【7272】 ヤマハ発動機
【8058】 三菱商事
【8473】 SBI
【8570】 イオンフィナンシャルサービス
【8725】 MS&ADインシュアランスグループホールディングス
【8963】 インヴィンシブル投資法人
【9283】 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
【9284】 カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
【9432】 NTT
【9434】 ソフトバンク
【9986】 蔵王産業

 

外国株

【1555】 上場インデックスファンド豪州リート
【ABBV】 アッヴィ
【CHL】チャイナモバイル ADR
【MO】 アルトリア グループ
【PFE】 ファイザー
【PFF】 iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF
【RDSB】 ロイヤル ダッチ シェル
【SPYD】 SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF
【UL】 ユニリーバ
【BTI】 ブリティッシュ アメリカン タバコ
【DOW】 ダウ
【HDV】 iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF
【HSBC】 HSBC ホールディングス
【NGG】 ナショナル グリッド
【VYM】 バンガード 米国高配当株式ETF
【WBK】 ウエストパック バンキング

 

 

私の投資方針は毎月の給料やボーナスの一部を高配当株・ETFへテキトーなタイミングで突っ込むことです。本来であれば、きちんと分析して明確な指標の元でスポット買いするか、定期積立が素人投資家には良いと思いますが、今までそれを実行して長続きしなかった経緯があります。やっぱり自分が腹落ちするタイミングで好きな銘柄を買い付けるのが気持ち良いのです。

とはいえ、安定した配当収入には分散は不可欠ですので、銘柄・セクター・地域の分散は気を付けてはいます。

 

 

アセットアロケーション

f:id:villvill7:20200405180554p:plain



ETFと個別株が半々となっています。ETFは分散投資するには手っ取り早いですからね。ただ、その一方で個別株より配当利回りが低くなりがちで増配もそこまで期待できません。なので、今後個別株の割合が増えるかもしれません。

 

 

 

地域割合

f:id:villvill7:20200405180809p:plain


米国株中心です。理由は単純に高配当且つ連続増配企業が多いからです。あとは、日本・イギリスと続きますが、イギリスについては現地の源泉徴収税が非課税なので配当金収入を考えると非常に効率が良いためです。

 

 

 

雑記

現在、コロナショックで高配当株が続出しています。先が見通せないご時世ですが、粛々と買い増していくだけです。

それでは!