MENU

セミリタイアを目指したポートフォリオ(2020年5月)

 

f:id:villvill7:20200602182042j:plain

 

2020年5月末時点のポートフォリオをまとめましたのでシェアいたします。

 

 

 

  

保有銘柄一覧

コード 銘柄 シェア アセット 地域
SPYD SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF 28.37% 株式(ETF) 米国
1555 上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) 5.67% REIT(ETF)
BTI ブリティッシュ アメリカン タバコ ADR 5.56% 株式(個別)
1345 上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型 4.34% REIT(ETF) 日本
DOW ダウ 3.66% 株式(個別) 米国
HSBC HSBC ホールディングス ADR 2.82% 株式(個別)
PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF 2.63% 株式(ETF) 米国
6301 コマツ 2.45% 株式(個別) 日本
NGG ナショナル グリッド ADR 2.30% 株式(個別)
5108 ブリヂス 2.08% 株式(個別) 日本
VYM バンガード 米国高配当株式ETF 2.06% 株式(ETF) 米国
8570 イオンFS 1.99% 株式(個別) 日本
ABBV アッヴィ 1.97% 株式(個別) 米国
9283 Iー日本再生可能 1.96% REIT(個別) 日本
UL ユニリーバ ADR 1.93% 株式(個別)
9432 NTT 1.91% 株式(個別) 日本
7272 ヤマハ発動 1.84% 株式(個別) 日本
HDV iシェアーズ コア 米国高配当株 ETF 1.82% 株式(ETF) 米国
8058 三菱商事 1.78% 株式(個別) 日本
8473 SBI 1.76% 株式(個別) 日本
PFE ファイザー 1.75% 株式(個別) 米国
RDSB ロイヤル ダッチ シェル ADR B 1.75% 株式(個別)
CHL チャイナモバイル ADR 1.55% 株式(個別) 中国
MO アルトリア グループ 1.55% 株式(個別) 米国
ORCC オウルロックキャピタル 1.44% BDC 米国
9434 ソフトバンク 1.42% 株式(個別) 日本
8725 MS&AD 1.35% 株式(個別) 日本
8591 オリックス 1.28% 株式(個別) 日本
WBK ウエストパック バンキング ADR 1.21% 株式(個別)
7148 FPG 1.20% 株式(個別) 日本
4188 三菱ケミHD 1.17% 株式(個別) 日本
9284 Iーカナディアン 1.09% REIT(個別) 日本
2124 JAC 1.01% 株式(個別) 日本
PFF iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF 0.97% 株式(ETF) 米国
8306 三菱UFJ 0.81% 株式(個別) 日本
4765 JーMスター 0.70% 株式(個別) 日本
1478 iSMSCI高配 0.64% 株式(ETF) 日本
9986 蔵王産業 0.52% 株式(個別) 日本
8963 RーINV 0.43% REIT(個別) 日本
DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド 0.25% 株式(ETF) 米国

 

 私の投資方針は毎月の給料やボーナスの一部を高配当株・ETFへテキトーなタイミングで突っ込むことです笑

 

本来であれば、きちんと分析して明確な指標の元でスポット買いするか、定期積立が素人投資家には良いと思いますが、今までそれを実行して長続きしなかった経緯があります。やっぱり自分が腹落ちするタイミングで好きな銘柄を買い付けるのが気持ち良いのです。

 

とはいえ、安定した配当収入には分散は不可欠ですので、銘柄・セクター・地域の分散は気を付けてはいます。

 

 

 

上位組入銘柄

 

1位 SPYD 28.37%

www.lazymanblog.com

 

2位 上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) 5.67%

www.lazymanblog.com

 

3位 ブリティッシュ アメリカン タバコ 5.56%

www.lazymanblog.com

 

 

 

アセットアロケーション

f:id:villvill7:20200602182240p:plain



3月くらいまではETFと個別株が半々となっていましたが、個別株の割合が大きくなってきました。

 

管理コスト的にはETFの方が圧倒的に楽ですし、私の力では配当もパフォーマンスも個別株と遜色ないくらいなのでこれからはETFの比率を上げていきます。

 

あとは、新しくBDCがアセットとして新規加入しました。高配当なのでコロナショックによる暴落時にORCCを拾っておきました。

 

www.lazymanblog.com

 

 

 

地域割合

f:id:villvill7:20200602182312p:plain



米国株中心です。理由は単純に高配当且つ連続増配企業が多いからです。あとは、日本・イギリスと続きますが、イギリスについては現地の源泉徴収税が非課税なので配当金収入を考えると非常に効率が良いためです。

 

 

 

おすすめの証券口座 

高配当株投資におすすめの証券口座をご紹介します。

 

大手ネット証券会社はご自身が所有している銀行口座との連携や、積立サービス、銘柄スカウター機能で選ぶのがおすすめです。

 

手数料で比較しても各社横ばいの状態で、どこかが手数料を下げれば各社が追随してくる構図になっているため差は出ないからです。また、手数料は変動が大きいため、現時点で仮に比較しても今後は未知数なのであまり意味がないと思います。

 

そういった観点で言うと、以下ネット証券がおすすめです。理由も簡単に記載しているのでご自身にあった口座を開設し、まずは1株買ってみましょう。

 

 

米国株を始めるならマネックス証券

 

他の証券会社では扱っていない銘柄が多い

多機能で見やすいUIとなっている銘柄スカウター初心者にも安心

・手数料最安クラスで長期投資に最適

 

まだ口座開設されていない方はこちら( マネックス証券)!

マネックス証券

 

 

 

米国株・ETFで積立投資ならSBI証券 口座開設(無料) 

 

・現時点でこの積立サービスはSBI証券のみ

SBI住信銀行との連携ができ、株式の購入の手間を大幅にカット

・業界最大手で安心して取引できる

・手数料や分析ツール・キャンペーンなどあらゆる面で恩恵を受けることができる

 

まだ口座開設されていない方はこちら(SBI証券 口座開設(無料) )!

SBI証券で 口座開設

 

 

 

日本株・ETFの少額投資なら【SBIネオモバイル証券】

 

単元未満株(1株)から購入できるため気軽に始められる

Tポイントも使用することができる

・取引手数料は約定金額が月50万までなら200円で定額になっている。ただし、Tポイントが毎月200円分もらえるため手数料は実質タダ

・便利な積み立て機能も付いている

 

まだ口座開設されていない方はこちら(【SBIネオモバイル証券】)!

 

 

 

<過去のポートフォリオの記録>

www.lazymanblog.com

 

 

 

応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村