MENU

【9432】(日本電信電話 NTT)の企業概要・業績・配当金をご紹介

 

 

 

こんにちは!

この記事では、【9432】(日本電信電話 NTT)をご紹介します。

 

 

 

この記事のチェックポイント

・日本電信電話(NTT)とは、どんな企業か

・安定or成長した業績推移となっているか

・配当利回りは高く、配当金は順調に推移しているか

 

 

 

 

 

 

1. 日本電信電話(NTT)ってどんな会社?

f:id:villvill7:20200627154031j:plain

 

 

企業名 日本電信電話(株)
業界 情報・通信業
キーワード キャッシュレス/M&A/クラウド/5G
類似企業 KDDI、ソフトバンク
設立日 1985年
上場日 1987年
市場 東証1

 

 

以下、日本電信電話(NTT)の企業概要と主力事業です。

 

日本電信電話公社の事業を継承し、ユニバーサルサービスとしてNTT東日本、NTT西日本で電話回線の維持の義務を背負っている。主力事業は大きく分けて地域通信事業(固定電話やフレッツ光等のインターネット回線事業:NTT東日本、NTT西日本)、長距離国際通信事業(国際通信や県間通信事業、ISP事業等:NTTコミュニケーションズ等)、移動体通信事業(携帯電話事業:NTTドコモ)、データ通信事業(銀行等のデータ通信システム構築事業:NTTデータ、ディメンションデータ)の情報通信4分野がある。

引用元:wikipedia

 

傘下に持つグループ企業の棲み分けです。実際はもっと多くの企業がありますが、主力級が下の画像に並んでいます。

 

f:id:villvill7:20200627155523p:plain

画像元:NTT 企業ページ 

 

ざっくりと言えば、通信とシステム開発を束ねる企業です。昨今はM&A・海外進出に積極的です。

 

 

 

 

2.日本電信電話(NTT)の株価

 

直近株価:2,521円

 

100株単位の購入の場合、25万円ほど必要です。【SBIネオモバイル証券】から購入する場合は、2,521円から株主になることができます。

 

1年チャート

f:id:villvill7:20200627161147p:plain

 

全期間チャート

f:id:villvill7:20200627162105p:plain

 

 

 

 

3.日本電信電話(NTT)の配当利回り・配当金推移・権利確定月・配当支払月

 

配当利回り推移

f:id:villvill7:20200627163245p:plain


 

 

配当実績と配当性向

f:id:villvill7:20200627163445p:plain

配当金が落ちているタイミングで株式分割が発生しています。基本的に配当は維持あるいは増配傾向です。

 

2012年以降、減配はせず配当金を支払い続け、7年間で9倍にまでなっています。また、配当性向は上昇傾向であるものの、50%以下の水準であるため、当面は減配の心配はないと思います。

 

 

権利確定月と配当支払月

 

権利確定月:3月,9月配当支払月:6月,12月 

 

毎年、若干権利落ち日や支払い日が変わるので、詳細は以下のサイトで確認することをオススメします。

ちなみに配当情報はこちらのサイトを参考にしています。 

 

haitoh-db.com


 

 

4. 売上・営業利益・純利益

f:id:villvill7:20200627164849p:plain

 

 

 

下のグラフは売上構成を表しています。

 

f:id:villvill7:20200627170744p:plain

 

続いてのグラフは売上地域を表しています。

 

f:id:villvill7:20200627170719p:plain


AMERICASは南北アメリカ大陸、EMEAはヨーロッパ・中東及びアフリカ、APACは日本を除くアジアを指します。

 

 

 

5. キャッシュフロー

f:id:villvill7:20200627170027p:plain

 

 

 

6. EPS(1株あたり純利益)・BPS(1株あたり純資産)

f:id:villvill7:20200627170214p:plain

 

 

 

 

7. まとめ

直近株価 2,521円
配当利回り 3.97%
連続増配年数 10年
配当権利確定月 3月,9月
配当支払月 6月,12月
株主優待 dポイント(1,500円相当)
1株配当(DPS) 100円
1株利益(EPS) 231.21
1株資産(BPS) 2492.6
配当性向 41.49%
PER 10.08倍
PBR 1.03倍

 

もし、この記事をきっかけに日本電信電話(NTT)を試しに購入してみたいという方は、【SBIネオモバイル証券】 がオススメです。1株単位で購入できるため、現在の株価だと2500円ほどあれば保有することができます。ちなみに、Tポイントも使用することができるため、ポイント投資に興味がある方にもオススメです。 

 

 

 

8.おすすめの証券口座 

高配当株投資におすすめの証券口座をご紹介します。

 

大手ネット証券会社はご自身が所有している銀行口座との連携や、積立サービス、銘柄スカウター機能で選ぶのがおすすめです。

 

手数料で比較しても各社横ばいの状態で、どこかが手数料を下げれば各社が追随してくる構図になっているため差は出ないからです。また、手数料は変動が大きいため、現時点で仮に比較しても今後は未知数なのであまり意味がないと思います。

 

そういった観点で言うと、以下ネット証券がおすすめです。理由も簡単に記載しているのでご自身にあった口座を開設し、まずは1株買ってみましょう。

 

 

米国株を始めるならマネックス証券

 

他の証券会社では扱っていない銘柄が多い

多機能で見やすいUIとなっている銘柄スカウター初心者にも安心

・手数料最安クラスで長期投資に最適

 

まだ口座開設されていない方はこちら( マネックス証券)!

マネックス証券

 

 

 

米国株・ETFで積立投資ならSBI証券 口座開設(無料) 

 

・現時点でこの積立サービスはSBI証券のみ

SBI住信銀行との連携ができ、株式の購入の手間を大幅にカット

・業界最大手で安心して取引できる

・手数料や分析ツール・キャンペーンなどあらゆる面で恩恵を受けることができる

 

まだ口座開設されていない方はこちら(SBI証券 口座開設(無料) )!

SBI証券で 口座開設

 

 

 

日本株・ETFの少額投資なら【SBIネオモバイル証券】

 

単元未満株(1株)から購入できるため気軽に始められる

Tポイントも使用することができる

・取引手数料は約定金額が月50万までなら200円で定額になっている。ただし、Tポイントが毎月200円分もらえるため手数料は実質タダ

・便利な積み立て機能も付いている

 

まだ口座開設されていない方はこちら(【SBIネオモバイル証券】)!

 

 

 

応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村