MENU

【ABBV】(アッヴィ)販売額世界一の薬を保有している高配当製薬企業

アボット時代から数えると連続増配を45年間続け、配当貴族且つ高配当であるアメリカの巨大製薬企業、アッヴィの紹介記事です。

 

 

 

 

 

1. アッヴィってどんな会社?

f:id:villvill7:20200324145824j:plain

  • 社名:アッヴィ(AbbVie Inc.、【ティッカー:ABBV】)
  • 本社所在地:シカゴ(アメリカ)
  • 設立:2013年 アボット・ラボラトリーズからの分社独立により設立
  • 上場市場:NYSE(ニューヨーク証券取引所)

 

アッヴィ(AbbVie Inc.)はアメリカのシカゴに本社を置く、バイオ製薬企業です。各種医薬品の発見・開発・製造・販売まで幅広く事業を手掛け、特に抗リュウマチ薬のヒミュラを保有していることで有名です。

 

ちなみにこのヒュミラとは、米IQVIAが公開した2018年の医療用医薬品世界売上高ランキングでトップとなったほどで、2位と2倍以上の差をつけ、約2兆7269億円だったようです。

 

当然、ヒミュラはアッヴィの売上の柱となっており、売上高の半数以上を占めています。つまり、製薬企業を投資する上で気を付けないといけない、”特許切れ”というのが非常にネックになる銘柄でもあります。

 

しかし、近頃の製薬業界の買収合戦に、アッヴィもご多分に漏れずに参戦しており、大型案件でいうと、2019年に美容医療・乳腺外科・眼科などに強みを持つアイルランド大手アラガンを買収しました。そのため、この買収効果がどれほどかが投資する上で重要な判断材料となります。

 

 

 

2. 株価チャート

f:id:villvill7:20200324223931p:plain


2018年年初から2019年夏ごろにかけて半値まで下がっていましたが、最近まではアラガン買収効果に期待してか盛り返していました。ただ、直近はコロナショックにより株価を大きく下げていますが、これは仕方のないことです。

 

アッヴィに関しては株価の成長というよりインカムゲイン(配当益)を期待する銘柄ですので私は特に気にしていないです。

 

 

 

3. 直近株価とPER(株価収益率)

  • 52週高値:$97.86
  • 52週安値:$62.55
  • PER(株価収益率):11.26倍

※2020年3月24日時点 AbbVie Inc. (ABBV) Stock Analysis & News | Seeking Alpha

2020年3月24日現在、コロナショックにより大きく株価を下げています。PERも11倍程度なので指標的には買いやすいです。

 

 

 

4. 売上と利益の推移

f:id:villvill7:20200324231134p:plain

※TeleTrader掲載データより作成。https://www.teletrader.com/abbvie-inc/stocks/balancesheet/tts-117450825

 

金額単位Milとなっており、Mil100万ドル(約1億2千万円)を表しています。

 

そうすると、直近のアッヴィの売り上げ規模は3兆円規模ということになります。この規模感で売上が順調に推移しているのは素晴らしいですね。利益もきちんと出ています。

 

ちなみに営業利益率が2014年、2018年に大きく下がっていますが、アラガンなどの買収によるもので、一時的な下げかと思います。あまり気にしていません。

 

 

 

5. 配当利回りと配当推移

f:id:villvill7:20200324231936p:plain

 

f:id:villvill7:20200324232257p:plain

※2020年3月24日時点 ABBV: Dividend Date & History for AbbVie Inc.

  • DIVIDEND YIELD(配当利回り):7.32%
  • ANNUALIZED PAYOUT(年間配当金額):$4.72
  • PAYOUT RATIO(配当性向):48.81%
  • DIVIDEND GROWTH(連続増配):47年

 

コロナショックにより、株価を大きく下げた影響で配当利回りが7.32%になっています。業績や今後の見通しが不安を感じておらず、連続増配年数が47年ということで高配当収集家として投資妙味を感じます。

 

ちなみに権利落ち日と配当支払い月は以下の通りです。

権利落ち日:1月,4月,7月,12月配当支払日:2月,5月,8月,11月

 

毎年、若干権利落ち日や支払い日が変わるので、詳細は以下のサイトで確認することをオススメします。

ちなみに配当情報はこちらのサイトを参考にしています。

 

www.dividend.com

 

 

 

6. 雑記

”高配当で業績安定”、”ヘルスケアセクターでディフェンシブ”、”連続増配47年”ということで、高配当好きの私には非常に魅力的な銘柄です。

気になる方はぜひIRなど調べてみてください。では!