MENU

【BIP】(ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズL.P.)運輸、不動産、再生可能エネルギーなど、5大陸で300億ドルの資産を運用するインフラストラクチャー企業

運輸、不動産、再生可能エネルギーや通信事業などを世界で手掛ける、ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズの紹介記事です。

 

設立10年と非常に若い会社のようで私もつい最近まで知りませんでしたが、モトリーフールの記事を見て調べてみた次第です。

 

 

 

 

1. ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズってどんな会社?

f:id:villvill7:20200330183932j:plain

  • 社名:BIP(Brookfield Infrastructure Partners LP、【ティッカー:BIP】)
  • 本社所在地:トロント(カナダ)
  • 設立:2008年
  • 上場市場:NYSE(ニューヨーク証券取引所)

 

簡単な企業概要は以下の通りです。運輸、不動産、再生可能エネルギーや通信事業などに投資しているMLP(マスターリミテッドパートナーシップ、共同投資事業形態の一つ)となっているようです。

 

ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナーズLPが所有しており、北米、南米、欧州、アジア太平洋地域の公益事業、輸送、エネルギー、通信インフラ事業を展開しています。当社のセグメントは、ユーティリティ、運輸、エネルギー、通信インフラおよびその他が含まれます。そのユーティリティセグメントは石炭輸出ターミナルで規制端子、で構成されています。約260万電気と天然ガスの接続で構成されて北米、南米、および規制分布、で送電線の約11100キロで構成され、送電、。その輸送セグメントは、貨物、バルク貨物及び旅客の輸送を提供するオープンアクセスシステムで構成されています。そのエネルギーセグメントは、エネルギー輸送、流通、ストレージサービスを提供するシステムで構成されています。その通信インフラセグメントは、メディア放送と通信の分野にサービスおよびインフラストラクチャを提供します。

Brookfield Infrastructure Partners LP | Strainer

 

MLPとは総所得の90%以上をエネルギーや天然資源に関連する事業、金利、配当、不 動産賃貸料等から得ています。少しREITと似ている仕組みですが、こちらの図がよくまとまっていました。

 

f:id:villvill7:20200402103855p:plain

引用:https://www.smbcnikko.co.jp/doc-pdf/5023_001.pdf

 

 

 

2. 株価チャート

f:id:villvill7:20200330183436p:plain

  • 52週高値:$56.31
  • 52週安値:$25.77
  • PER(株価収益率):327倍

※2020年4月2日時点  BIP - Brookfield Infrastructure Partners L.P. 概要 | Reuters


右肩上がりに上昇し、一時55ドルに迫る勢いでした。直近はコロナショックでさらに35ドル前後まで下落しています。

 

【VS S&P500】

f:id:villvill7:20200330183526p:plain

 

S&P500と比較したチャートを載せました。常にS&P500を軽く凌駕するパフォーマンスを出しています。インカムゲイン目的として紹介しましたが、キャピタルゲインとしても魅力的な銘柄になりそうです。

 

  

 

3. 売上・利益

f:id:villvill7:20200402105153p:plain

金額単位Milとなっており、Mil100万ドル(約1億2千万円)を表しています。

 2017年を皮切りに急激な業績アップとなっています。営業利益率も20%以上を維持する動きを見せているため、非常に高収益体質です。

 

 

 

4. キャッシュフロー

f:id:villvill7:20200402105557p:plain

 

先ほどの業績に合わせるようにキャッシュフローも連動した動きになっています。インフラ資産への投資をしているためでしょうか、設備投資が業績拡大に伴い大幅に増加傾向です。

 

 

 

5. EPS・BPS

f:id:villvill7:20200402105249p:plain

 一株当たりの資本と利益です。BPSは安定していると言えそうですが、EPSについては厳しい状況です。

 

 

 

6. 配当金・配当性向

f:id:villvill7:20200402105318p:plain

配当金については綺麗な右肩上がりです。元々はこの安定した増配を着目して記事にしましたが、データ取得ミスかなと思うくらいあり得ない配当性向になっています。安定感もないです。非常に減配リスクが高い銘柄のようです。

 

  • 配当利回り:5.98%
  • 年間配当金額:$4.81
  • 連続増配:10
  • 直近5年の平均増配率:9.27%

 

権利落ち日と配当支払い月は以下の通りです。

権利落ち日:2月,5月,8月,10月配当支払日:3月,6月,9月,11月

 

毎年、若干権利落ち日や支払い日が変わるので、詳細は以下のサイトで確認することをオススメします。

ちなみに配当情報はこちらのサイトを参考にしています。

 

www.dividend.com

 

 

 

7. 雑記

配当性向がネックですが、インカムゲイン・キャピタルゲイン共に狙える銘柄です。

気になる方はぜひIRなど調べてみてください。では!