MENU

【UN/UL】(ユニリーバ)ヨーロッパ系消費財メーカーの雄

イギリスの世界最大級の消費財メーカーであるユニリーバの紹介記事です。

 

 

企業概要

  • 社名:ユニリーバ(Unilever、【ティッカー:UN/UL】)
  • 本社所在地:ロンドン
  • 設立:1894年6月
  • 上場市場:NYSE(ニューヨーク証券取引所)/ADR(イギリス)

ユニリーバはイギリスの大手一般消費財メーカーです。主に食品、洗剤、トイレタリー、パーソナルケア領域で400を超えるブランドを世界190カ国以上で販売しています。同社の代表的なブランドは、ダヴ、アックス、リプトン、レセナ、クノール、ヘルマンズ、オモなどです。

各種ブランドの戦略などはわかりませんが、特徴となるのはアジア・アフリカ地域委の売上ウェイトが最も高い点です。特にインドのシェアになると、4割を超えているようなので、人口増加地域で業績を伸ばすことができています。

下の画像はユニリーバが販売している主なブランド製品です。誰もが一度は見たことがある、または使ったことがある製品ばかりですので、同社がいかに人々の生活に浸透しているかわかります。

f:id:villvill7:20200315171927p:plain

 

 

株価

f:id:villvill7:20200315154611p:plain

世界経済の失速がある時はもれないくユニリーバも下げていますが、私のような素人投資家に優しい右肩上がりのチャートを描いています。世界を代表する企業でこのように綺麗に株価が成長してくれると安心して長期投資できます。

 

 

簡単な業績推移

f:id:villvill7:20200315155747p:plain

※ロイター掲載データより作成。データはユーロ建て。UL - Unilever plc (ADR) 業績 | Reuters


良い意味でも悪い意味でも横ばいな推移です。株価の成長が望ましいですが、配当金をKPIとしているため、下降傾向でなければ良しとしています。

 

 

配当情報

※2020年3月15日時点

  • 配当金(1株当たり、年間):1.8USD
  • 配当利回り:4.54%
  • 配当性向:75.08%
  • 連続増配なし(ただし増加傾向ではある)

f:id:villvill7:20200315153956p:plain

横軸の数値が消えていますが、最新が2020年で1年ごとの配当金の推移を表示しています。連続増配という訳ではないですが順調に増加傾向となっています。(ユーロベースでは見ていないです)

また、ユニリーバはイギリスの企業ですので、配当の二重課税がないADR銘柄です。

 

 

雑記

”世界最大級の生活消費財メーカー”、”人口増加地域に強み”、”利回りもそこそこで増配傾向”ということで、安定・高配当好きの私には非常に魅力的な銘柄です。

気になる方はぜひIRなど調べてみてください。では!